2006年03月10日

くだらない唄

福岡からの帰り道です。

博多、という町×就活、というシチュエーション
…の効果だと思うんですけど、今、BUMP OF CHICKENの『くだらない唄』が脳内ヘビーローテです。

初めてバンプのライブに行ったのが博多でした。
あの日に通った道を今日偶然通ったんです。
あの日お昼ゴハンを食べたデリはジュエリーショップに変わってました。

意識してなかったけど、私はずっと『くだらない唄』の中の、タンポポの丘にいたんだなぁって気付いた。
それで、今まさに、あの歌の主人公のように「大人」になろうとしてるんだ、と。


かみさま ぼくは ふるえてる
背広も ネクタイも 見たくないよ


分かっていたつもり、もう通り過ぎたつもりでいた歌詞が、今になって突如リアリティを帯びてきました。
明日、同じタンポポの丘に行っても、もう“あなた”は来るはずなくて、“ぼく”はそのことを知っている。

もう逃げられないんだー!!
現実という銃を突き付けられた気分。
未来を夢見てわくわくする反面、
心の隅にいつも居座っていた不安感。
その正体を、バンプはすでに歌ってくれていました。


神様 見渡す限りに きれいなタンポポを咲かせてくれ
僕らが大人になっても この丘を忘れぬように
posted by 30 at 20:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。