2008年08月24日

繋がらない想いを土に返した

昨日はくるりの対バンツアー(福岡)に行ってきました。


・・・が!!!


新幹線の時間が迫り、くるりはちょっとしか見れなかったのでした。残念!!
対バンだからこそのセットチェンジ時間をなめてたー
博多発の新幹線の最終を甘く見てたー


でも、クロマニヨンズは本当にすごかった!!!
ヒロトは永遠のロック小僧で
自分が楽しいことをしようとしていて
彼のすごさというのは、彼の楽しいコトが、そこにいる人全員の楽しいコトだって事。
特別なことは何もしてなくて、ただ、みんなも自分も楽しい音楽を鳴らす。

やー、ほんとすごい!



オープニングアクトの
MASS OF THE FERMENTING DREGS(バンド名が長すぎるー)
ひらひらのワンピで出てきた女の子が
すげー叫んでいい音鳴らしてびっくり。
でも、歌わないほうがかっこいいのになーって思いながら聞いていました。
そしたら最後に歌ナシの曲が出てきて、それがやっぱりよかった!!
かっこいいバンドでした。特に淡々と叩くドラムさんが。



くるりは新曲がすげーよかった。(まだリリースが発表されてない曲)
ワンゲルはやっぱりライブの曲だなあ。

前日に仕事のことでいろいろありまして、
ワンゲルを聞いて涙してしまいました。むー。

飴色の部屋の途中で時間切れ!
歌いながら帰りました(涙)


次回くるりは京都オンパク!
本番はこっちだ!!!!!
posted by 30 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月29日

サヨナラ、今日君は行く


2008.6.28
タワレコ広島店にて、
キャプテンストライダムのインストアライブに行ってまいりました。

レコ発のイベントで、
たまたまタワレコにCD買いに行って、インストアのことを知ったという・・・しかも当日、イベント2時間前に。


タワレコでの新アルバム購入者のみの握手会もあり、
アマゾンで買ったりしなくて良かった!!って密かにガッツポーズ(古臭い表現だわ)でした〜

新譜「音楽には希望がある」(すごいタイトル)の曲を3曲と、
広島ではもちろん!「マウンテン・ア・ゴー・ゴー」もちゃんとやってくれました。

タワレコ広島店にはイベント用のステージがなく
しかもアコースティックに近い環境での演奏で、
お客さん(立ち)よりキャプスト3人の視線が低い、という、
なかなかない感じの位置関係で

永友氏も、
「低いところから失礼しまーす」
最後は立ち上がって
「うしろのみなさーん、今までもちゃんといましたからね!」
と、アピールしてました(笑)


image.jpg

握手したけどドキドキしすぎて何もいえなかったぜ!

9月のワンマンが楽しみです。

posted by 30 at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うれしい事、素晴らしい事、全部あなたに注げ


安藤裕子Live2008 Encyclopedia
6.26 @広島クラブクアトロ

アルバム「クロニクル」の曲メインに。

なんかもう・・・怖くて怖くて。

MCとか、歌ってない彼女はほのぼのかわいらしいんだけど、
歌っている彼女の鬼気迫るオーラは、ほんとにもう、
瞬きもできないぐらい、体が震えるくらいの迫力でした。

アルバム収録のかわいい曲でさえ、かなり怖い。

中盤、涙が止まりませんでした。

初めてCoccoを聞いたときみたいな感じです。

安藤裕子になりたい!!
・・・って前は思ってたけど、
もはやそんな風には思えませんでした。

MCの間でさえもどかしく、
早く、早く歌って!!って気持ちにさせられました。中毒的な怖さ?

彼女はどこまで行ってしまうのでしょうか。怖いです。
ずっと聞くと思います。

image.jpg










MORE・・・
posted by 30 at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月25日

GOOD TIME MUSIC つれてって

※ケータイ機種変したら画像悪いです。失礼あせあせ(飛び散る汗)


最近のあたしのCDラック(…に入りきらず床に山積み…あせあせ(飛び散る汗))に仲間入りしたCDなどなど。唐突ですがねいい気分(温泉)


seesaaブログのアマゾンリンクって、なんかビミョウ。
今回1枚しか引っかからなかったし。


@タワレコでかかっていて衝動買い。




いまとにかく曽我部くんの音楽が聞きたーい!!ってなったの、すんごい久し振りです。


Aツアー行きました。映画も見に行きました。

200805252154000.jpg

クラムボン「たゆたう」ツアードキュメンタリーです。
映画館では、かなり最初のほうで泣きました。


Bおともだちのあかさんに教えてもらい、
そりゃ買わねば!!と即買い。

200805252153001.jpg

commmons 「Happy Holidays!」
お休みの日に聞くコンピ。
とにかく、「のんびり」にぴったりなグッドミュージックたちです。
キリンジとか郁子ちゃんとか高田漣さんとかコトリンゴさんとか坂本龍一さんとか参加されてます。


Cこれは買うでしょ。

200805252153000.jpg

安藤裕子「chronicle」
新作。来月のライブに行きたいけど、平日なのです。
むむむん。


D私も載ってます!

200805252154001.jpg


くるりを愛する人々が、
くるりの音楽に纏わる思い出を投稿したサイト「思い出くるりん」。
このたび書籍化されまして、
私の文章も載ってます!!かなりうれしい!!
ココだけを見てくれている人には分からない名前で出ています・・・
くるり監修の本に載れただけで満足☆宝物にします。


いま、このブログ書きながら気付いたけど、
スカパラのアルバム買ってない!!!!!衝撃!!!!!
明日タワレコ行きまっす☆



今日は休日出勤でした。
転職イベントの企業ブースに出展したんですけど、なんだかへとへとになっちゃいました・・・
でも勉強になりました♪
気持ちも新たに、また1週間ガンバリマス。








posted by 30 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

であいのキセキがおきて

P1000295.jpg

昨日、おともだちのあかさんと、
岡山 cafe.the market maimai 行ってきました。


当日、わたしは奇跡の岡山出張!←おおはたさんも言ってくれてありがとうございます☆
仕事帰りに行けました♪


半年ぶりの おおはた雄一さん。

はじまる直前、あたしも緊張でことばが出なくなったよ。

良いライブでした。

maimaiのスタッフの方も、
ナイスなフライヤーと、“アイラブユー”、ありがとうございました!!





岡山って良い町ですねー☆
posted by 30 at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月28日

すべての意味を作り始める


すっかり遅くなりましたが、スピッツのライブに行きました!

何年か前に福岡の夏フェスで見たことあったんですけれども、
ワンマンは初めて。
誘ってくれた上に、前から4列目のチケットを用意してくれたカミーんに感謝!!

仕事を猛スピードで切り上げて
おかげさまで開演に間に合いました!!

1曲目は、最新アルバムでもオープニングを飾るあの曲。
最初のギターフレーズにきゅんとしてしまいます。
「1曲目」にふさわしい曲。

私の
マイ・ベスト・オブ・スピッツ
は、
今日のタイトルの歌詞が入った曲なんですけれども
4曲目ぐらいに演奏され
アタマの歌詞はもちろん「広島」に代えられてました。
そんで、この曲で、あまりにもリーダーがかっちょいいことに気付く。
なんてロックンロールなんだ。
かっちょいい。

アルバム中心の構成でしたが
ヒット曲でもそうじゃなくても
ぜんぶ、ちゃんと、スピッツっぽいなあ。

4人ともきっちりといい音鳴らしてくるんだなあって感動しました。
当たり前のようで、最近あんまりいないんです。そういうバンド。

マサムネ以外の3人も、
曲をきちんと共有してる感じ。


全体を通して思ったのが、

スピッツって
マサムネって

ギター初めて触りました、中学1年生。

とか

お小遣い溜めて、自分のギターゲットしました、中学3年生。

とか

初めてライブに、知り合いじゃない人が来てくれました。
うれしい!ありがとう!

・・・みたいな目で音楽を鳴らすんだなあ、ってこと。

ギターを持たないマサムネもよかったです。
持たなくてもちゃんと鳴ってる感じ。
メンバーがいいからですね。




あと、MC!!

マサムネも

「じゃあマッタリし過ぎないうちに曲を・・・」

ってしょっちゅう言ってましたが、

なんてほのぼの!!

当たり前のように年賀状の話とか!
ロックバンドなのに!
12月上旬、もう年賀状書き終わってるリーダーって!!
メンバー同士で年賀状ちゃんと出しあってるって!!
そんなばかな!!


他のメンバーが話してるとき
別にいいのに、
マサムネが
「うん」「うん」って頷いてるのがすごいと思いました。

だからこんなに続くのね。

いいバンド。
ほんといバンド。




タグ:スピッツ
posted by 30 at 23:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月28日

小さなことが 大きな光になってくように


再来週、スピッツのライブに行くのですよん。うふふ黒ハート
なんと前から4列目ですよん。むふふ黒ハート
(↑カミーんのお友達!ありがとう!!!)

会社の先輩が実は十数年来のスピブリだということで
スピッツの「さざなみCD」をお借りしました。

1曲目イントロのギターの音が素敵だなあ、
って思ってすぐタイトルを見たら

「僕のギター」

ああ、これだけで心を持っていかれてしまった感じがします。
音楽の魔法にかけられた気がします。本気です。


草野マサムネに書いてもらえたメロディーや言葉が、
スピッツに鳴らしてもらえる音たちが、
なんだか羨ましい(なんか変な日本語・・・)。
ちゃんと愛されて大切にされていて。


そして、スピッツは、ロックだ!!!

posted by 30 at 15:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月06日

たくたくでくたくた


くやしい。。。

たくたくでくたくた

いや、もちろん、
チケットが取れるわけないことくらい分かっているのだけれど。

木曜日って・・・
しかも、翌日から会社の研修で関西だ。
タイミング最悪だ。
出張前だから絶対休めないではないか。

チケット取れるかドキドキする楽しみさえ味わえませぬ。

既にくたーーーーっとなってます。あたくし。



チケ取りする方、がんばってねぴかぴか(新しい)
「くるり」で検索していらっしゃる方がとても多い、このブログ。
posted by 30 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

君はとても大切だって事を

先日、おともだちのあかさんと共に、
おおはた雄一さんのライブに行ってきました。
もう半月も前の話だけど。

仕事が終わらず、1時間ほど遅刻しましたけど。

ふらふらに疲れていた日だったけど、
おおはたさんの歌が聞けてよかったー
ギターが聞けてよかったー

最後に「奇跡」という曲で
ものすごーーーく泣いてしまいました。

今のあたしに言われてるみたいな歌詞でした。
そう思った人が、きっといっぱいいました。

「ライブカフェ・ジャイブ」という、
小さなカフェってゆーか、バー?でのライブ。
すごくあったかくてやさしくてユルユルとした時間。

ゲストの扇谷一穂さんの歌もすごすぎて。
(絶対聞いてみてください。
おおはたさんプロデュースの「CANARY」というアルバムが出てます)

お二人のCDを買って、
ライブに通いまくって、おおはたさんとすっかりなかよしになったあかさんの恩恵を受け、
おおはたさん・扇谷さんとお話もできました。

「声を聞いて、心がざわっとしました」って
扇谷さんに直接伝えられてうれしかった。

次は、週末に来てくださいね、って伝えました。


そのあと、あかさんと、
2人でご飯を食べて、いっぱいおしゃべりして、
パワーを蓄えました。



音楽と
大切な友達と



力を与えてくれる。
まだまだ頑張れる。
posted by 30 at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

手にしたぬくもりをそれぞれに抱きしめて

前述のくるり・京都オンパクの前日は、
Mr.Children
“HOME”TOUR 2007@広島ビッグアーチ
に、行ってまいりました。

くるりマニアの方なら、
「む?くるりの前日にミスチル・・・?」
と思っちゃうかもしれませんが(笑)、
そのへん、あたしはテキトーだし、
普通にミスチルとか好きなので許してくださーいいい気分(温泉)

天気予報も全然、全然、雨だなんて言ってなかったのに、
ビッグアーチ(サッカースタジアム)のある広域公園というところに入ったあたりから天気雨が・・・
そして、あれよあれよという間に土砂降り。。。
傘なんて持ってなくて、開演2時間前から全身ずぶぬれです。

寒さに震えながら迎えた開演、
寒さが吹き飛ぶことはなく、終盤は指がしびれてしまいましたが、
それでもミスチルはかっちょよかったです。
ほんとかっこよかったです。

桜井さんは、自分の中に起こるいろんな思いに真剣に向き合い、
いろんなものを愛おしく思いながら、
日々を生き、曲を書き、歌を歌っているんだな、と思いました。
そんで、笑顔がすてきでした。

ミスチルがブレイクしたとき、たしかあたしは小学校高学年で、
いろんな曲が、あたしの10代のBGMとして流れていました。

「イノセントワールド」はピアノで練習したし、
「Tomorrow never knows」は中学校の頃、部活の帰りに鼻歌でうたい続けてたし、
「シーソーゲーム」は擦り切れるほどにテープで(!)聞いていました。

20代前半は、恋の思い出と共にミスチルがあり、
「sign」が主題歌として流れていたドラマを、当時の彼氏と毎週真剣に見ていたこととか、
「HERO」の頃は片思いがしんどかったとか、

とにかく、意識してなかったけど、ミスチルはあたしの人生に根ざしてたんだなあ。
しみじみ。


そして、初めてのミスチルのライブで、
彼らがトップに立ち続ける理由が分かった気がしたのですが、
その理由は、ここにわざわざ書くのが恥ずかしいほど根本的で分かりやすいものだったので、



・・・書きません(笑)



やー、すごいバンドですな。ミスチル。
また行ってしまうでしょうな、ライブ。チケットがとれればね。。。
タグ:Mr.Children
posted by 30 at 22:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

たいがいな欲望もちつづけたまま

京都音楽博覧会。
くるり主催の音楽フェスティバル。
今年、くるりがついに実現しちゃった、
くるりの、くるりによる、くるり(と、くるりの音楽を好きな人)のためのフェスティバル。


会場の、梅小路公園に着いて、チケットをリストバンドと交換した後、
まずは腹ごしらえ(笑)

P1000040.JPG
P1000042.JPG

飲食ブースがとっても充実していました。
ぜんぶ食べられなくて残念!!!

まず向かったのは、公園に隣接する、「梅小路蒸気機関車館」。
せっかくくるりがこの場所を用意してくれたんだから、見ないわけにはいかないでしょー!!

P1000048.JPG
P1000044.JPG

電車って楽しい!!
男の子生みたい!!(笑)
プラレール・ルーム作りたい!!


機関車館を出て、お友達のカミーんとゆるゆる歩いて芝生公園へと歩いていたら、なんだか音が聞こえてきました・・・


もう始まってる!!!!(笑)



でも、うちらも周りの人も慌てていなくて、
それは、
「聞かなくていーや」ではなくて、
「聞こえるからいーや」って感じで、
すでにもうシアワセ。


きこえていたのは
京都代表『ふちがみとふなと』
ほのぼのとした音で、
淡々と、おもーい歌詞を歌っていて、
青空の下で、とってもシュールで気持ちよい。
シャボン玉とレジャーシートがほしくなったな。
寝転がって聞きたかった。歌詞重かったけど(笑)


カミーんとともに、
「モッシュピット」と呼ぶにはあまりにのんびりした前方エリアへ。
ここに座って、半分寝ながら聞いたのは
アイルランド代表『Liadan』
ハープとかフルートとか歌声とかが、
あたしの眠りを誘います。
前日の仕事で徹夜明けのカミーんは完全に落ち始めていました(笑)


沖縄代表『大工哲弘&カーペンターズ』で
突然雨が降り出したので、仕方なく立ち上がる。
立ち上がってみたら楽しすぎて踊りだす。
みんな雨に打たれて踊る。
この特別なフェスティバルに、
音楽の神様が降り始めた瞬間でした。


雨も上がって、
アメリカ代表『ジェイソン・フォークナー』
憧れの、元・ジェリーフィッシュを気持ちよく聞きながら、
昔の恋を思い出してしみじみする私。
カミーんは眠りこけていました。
ジェリーフィッシュを教えてくれた京都出身の彼とは、
一緒にくるりをたくさん聞きました。
お別れして以来1回も会ってないけど、
関西で就職した彼は、いま絶対この公園にいるよなー、と、
しみじみドキドキ。。。


ここでなぜだか、
甚平姿のくるりがステージに登場し、漫談のようにしゃべっていきました。。。


そして、沖縄から第2の刺客(BYくるり)
『Cocco』!!!!
生コッコは初めてでしたが、
第一声で全身に鳥肌が・・・。
何度も、何度も、ゾクゾク、ゾクゾク。
魂でうたうひとでした。
沖縄弁のトークはほのぼの。
でも、コッコはいろんなことを思いながら、
そして受け止めようとしながら生きているんだな、って分かりました。


もうひとりのスペシャル・アピアランス。
『小田和正』氏。
こういうのがフェスのいいとこ。
聞いてみたいけど、なかなか聞けない歌との出会い。
すごいよ。
この人、ほんとにすごい。
くるりとの共演もあったけど、
それは本当に素敵だったけど、
くるりがひよっこに見えちゃいました。
一つ一つの音(声も含め)に、
いろんな思いやメッセージを乗せることができるから、
日本のポップシーンの1番高いところでキラキラしていられるんだな、って思う。


そして、小田氏&くるりの競演中、
また雨が激しく降り始めました。。。


ザーザーと打ち付ける雨の中、
ルーマニア代表『タラフ・ドゥ・ハイドゥークス』
ジプシー!!!!
すごいテクニック!!!速弾き!!!
おもわず体が動き、
浮かれた岸田とCoccoちゃんも、踊りながらステージを横切っておりました。
コッコちゃんに至っては、もう楽しくて仕方ない感じで、
フワフワ踊って、ステージの袖でもユラユラ踊っていました。


そして
京都代表、くるり!!!!!!
この日はなんと、「あこーすてぃっくるり」でした。
この、のんびりと気持ちよいお祭りの最後、
横ノリバンド、3拍子のクィーン、
こんなやらかし方をしてくれるとは!!
ハイウェイで号泣でした。


本当にいいフェスティバル。
みんな、ただの「くるりファン」じゃなくて、
「くるりの音楽ファン」でした。
くるりを見たいんじゃなくて、
このフェスティバル全体を楽しみに来ていました。


ゆったりとした空気が気持ちよく、
幸せなフェスティバルでした。
来年以降は、この空気感を維持することを第1優先に、
また、楽しいお祭りを作ってほしいです。

来年も行きます!!!





ちなみに、この前日も、某・野外ライブを見ていました。
オネムのカミーんは、そのライブで働いていました(だから徹夜でした)。
そちらのレポも、また改めて。

posted by 30 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月27日

大人になれば解るのさ

くるりプロデュース「京都音楽博覧会
行ってきました。

書きたいことはたくさんあるので、週末に一気に書こうと思いますが、
とりあえず、岸田日記を読んで泣いてしまったことをお伝えしておきます。

音楽ってすばらしい。
posted by 30 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

やわらかな光に騙されながら行こうじゃない

グレイプバインの「覚醒」が、
10周年を記念してリマスタリング再発売。



ということで、思わず・・・いや、実は予約してまで購入したのですが。
いまバインを聞くと落ちそうなので、週末にとっておきます。
スペシャルブックレットには懐かしのダーリーの姿もありましたよ♪
バイン田中は、かつて、抱かれたいミュージシャンナンバーワンの座をかけて、ミシェル・チバ氏と競っていたほどの人物(あくまで私の中で)。
10年前のお写真はあどけないです。やんちゃしてた頃だけど。いまや子持ちだなんて。

posted by 30 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

小山田ファンに贈る

ここのところオザケンに心奪われてたら、
今日は小山田さんのほうですごいの聞いちゃいました!
コーネリアスというより小山田さんです!!

コレ、聞いてください。
音声はPCからどうぞ。


ここのブログに先日、小山田氏が登場したときも、
もちろん画像は保存させていただいたのだが。

今日のはもっとすげーよ!!!



富士丸ブログ、毎日チェックしててよかった黒ハート
ブログ自体も大好きですわーい(嬉しい顔)
posted by 30 at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

愛情揺らしてよ


わわわ!!!
CHARAさんのベストアルバム、今週出るんですか!!!
だから最近、グータンヌーボに出たりしてたんですか!!!
あー、買ってしまうなー
明日、営業中にタワレコ行っちゃうなーCD
あーあーあー黒ハート黒ハート黒ハート
だって、1曲目がしましまのバンビなんでしょ・・・揺れるハート

posted by 30 at 23:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

さらにミュージックライフ

社会人になって、良かったこともたくさんあります。



それは、
金銭面ふくろ



いやいや、やらしい話ですけれどもね!



近くにレンタル屋さんがないっていうのもあるけど、
CDをレンタルしなくなりました。借りに行くぐらいなら買います。

ライブは、ちょっとでも行きたかったら、
日程の都合さえつけば行きます。
学生の時は、行きたいライブを厳選してたけど。

「とりあえず聴く。とりあえず見る」

・・・っていうのができるようになりました。
時間がなくて、遠征はなかなかできなくなったけど。



YUKIのベスト発売も怖くない!
民生&ユニコーンのトリビュート発売も怖くない!
posted by 30 at 11:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

壮大なクラシック・コント

・・・を見ているかのようなライブでした。

くるり
「ふれあいコンサート」

ワタクシ、仕事でちょうど1時間遅刻いたしました。
なのに、ロビーに入ったらお客さんが物販に並んでる!!
もしや岸田、キレたのか???
既にライブ終わったのか!!!???

その答えは、実際に行く方のために内緒にします。

ホールツアーなんてやだなー、って思ってたし、
今も思ってるけど、
これは、クラシック・コントなんだ!!!って分かりました。
ホールツアーって企画自体が、コントの演出だったのね。

そんで、そのコントの中でロックンロールを鳴らすことに意味があったのね。

くるりを聞くにあたっては、ホールの音響は好きじゃない。
でも、ホールをライブハウスにしてしまうから、ワンゲルはすごい曲なんだと分かった。

ハム食べたいがやばい。
ロックンロールという曲は本当にロックだと思ったし、
東京って曲はいつもゾクゾクさせてくれる。

ずっとずっと、くるりが好きです。

オーディエンスが付いて行けてないって思ったけど。
ばらの花の手拍子のダサさには閉口しちゃいましたよ。





9.23京都オンパク、楽しみです!!









たっしんがいないことをわすれるくらいくるりでした。
posted by 30 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月05日

世界はオレのもの

今まで、くるりのアルバムの中で、どれが一番好きかと問われたならば、
どんなにミーハーと言われようとも、

「ちーむろっく!!!!」

…と、熱く答えてきたのですが、




いや、今だってTEAMROCKは大好きなアルバムですが、

最近、今日の記事タイトルのアルバム収録曲が、
頭の中でヘビロテです。




「男の子と女の子」なんて、
聞くだけで、口ずさむだけで泣けてくる。




この曲は、ハナレグミバージョンもオススメです。
「帰ってから歌いたくなってもいいようにと思ったのだ」に収録されてます。




好きだという気持ちだけで
何も食べなくていいくらい
愛しい顔を見せてくれよ



今、GO BACK TO CHINAがかかってるんですけど、
この曲がくるりの代表曲としてふさわしいか否かで、
昔、付き合っていた彼氏と若干モメました。
あたしはこの曲が好きでたまりません。

このアルバムって、なんか、くるりのアルバムの中でも、独特の存在感というか、おかしな色を放ってますよね。
WORLD'S END SUPERNOVAという曲に引っ張られてるからかな。
ずっと前に、ちょっとグダグダ気味だったライブが、ワールズエンドスーパーノヴァによって劇的に回復した瞬間を見たことがあります。
この曲は特別な力を持っているんだと思います。


世界を変える力。まさにSUPERNOVA。
posted by 30 at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

愛情一曲♪


ちょっっ!!!!!!!!!!!

JUBILEEがCMで流れてるじゃないですか!!!!!!!

びっくり!!!びっくり!!!

公式HPでは昨日アップされてたんですね。見逃してました。

やー、いい曲ですねえ。




しかも、かんちゃんが出てるってのがよい!!!

posted by 30 at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月12日

Tanz Walzer、その2

くるりのニューアルバムについては、既に書いたんですけど、
聞けば聞くほどいいし、
聞けば聞くほど泣けるので、
また書いてやります手(グー)

こないだ、
「クラシックぽいかと思ったらそうでもなくてよかった」
みたいな書き方をしてしまって、なんだか誤解を招いちゃった気もするんですが、
いやいや、クラシックでもあります。
でもポップです。
クラシックの中でも、リスナーの心に直接触る部分を、くるりのポップが巻き込んでしまった、と言いますか。

あー、書けば書くほど嘘くさくなるのでもう止めます。
とにかく聞け!!!
posted by 30 at 23:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。