2008年05月13日

本の虫2008初夏


最近、音楽とか本とか映画とかのことを書いてないなーと思った途端、いろいろ書きたくなったのでつれづれと(笑)


社会人2年生になって今まで以上に忙しくなったため、本読む時間がへってしまったので、そのぶん、本のチョイスは「ハズレ」を避けたい!!
今、「アタリ」の確度が高いのは、断然、瀬尾まいこさん!!




「幸福な食卓」は読み返すたびに泣いてしまう。号泣。いつも同じ場面で。
「卵の緒」のクライマックスでは、心臓がきゅうううううってなって苦しくなる。




瀬尾さんの本は今のところ外れてませんが、
読書ペースが出版ペースに追いつかないように気をつけているところです。



あとは森絵都さん。
DIVE!!みたいな長編をまた書いてほしいです。








角田さんとかばななさんとか山田詠美さんとか江國さんとかも、
あいかわらずジワジワ着々と読んでますよー。




チャレンジしないせいか、好きな作家って増えないっすね。。。





あ、でも、最近日々読んでる小説といえば、
L25モバイルのケータイ小説だったりします。
オハヨーメールに登録して、目覚めた瞬間、ベッドの中で読んでます。
毎日ちょっとずつしか読めないのがもどかしい!!!
posted by 30 at 23:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

ウメカヨ!!!!

久々に一人笑いです。
大爆笑です。

・・・と、
アマゾンのリンク貼ろうとしたけど、
そんな商品ないって言われた!!怒!!

とにかく、
梅佳代「うめ版」、見たほうがいいです。
新明解(日本一おもろい辞書)とウメカヨのコラボは最高です。

こないだ大阪行ったとき、HEPで梅佳代の男子展あってて、めっちゃ長いこと1人でひそかに笑いつつ観賞いたしました。

ほかの写真集も買って、パワーダウンしたときに見て笑わなければ!!!!
もうすでに立ち読みで笑いまくったけど。
posted by 30 at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

あたしらしく生きることの意味

なんだかんだで、あんまりレビューアップできてない土日でしたが・・・
本読み日記も書いときます。
読書量にレビューが全然追いついてないけど。。。


ドラマの第1話を見てしまい、焦って読んだ1冊。
唯川恵「肩ごしの恋人」




あたしは萌タイプです。

でも、るり子みたいな「鮫系」の女の子を、ほんとはうらやましく思ってる。悔しいけど、思ってる。

「オンナの生き方」なんて言っちゃうと仰々しいけど、
人生のいろんな場面における選択って、一般的な「正しさ」とかより優先してる「何か」が、やっぱりあると思うんです。
その「何か」が「自分らしく生きる」ために、絶対必要なんだけど、
でも、邪魔になることが多くって。
あたしは、「あたしっぽい」選択しかできないのね。
ああ、やっぱり、またこういう選択をしちゃった、って。


でも、というか、だから、というか、
ラストの萌の選択は気持ちよかった。
るり子の選択も気持ちよかった。


唯川さんの小説は、淡々と、なにも誤魔化していないから好きです。







・・・と思いながら解説を開くと、
江国香織さんがすばらしい解説をされていて、ほんっとに感動しました。
すごくすごく感動しました。
posted by 30 at 01:19| Comment(1) | TrackBack(1) | 読書メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

想像すれば

1日1冊実行中。
今日は
吉田修一『7月24日通り』。






大沢たかおと中谷美喜で映画『7月24日通りのクリスマス』にもなりました。(まだ見てないけど)
私の地元・長崎で映画が撮影されたことで注目してて、いまさら読みました。
ちなみに、吉田修一さんは私の高校の先輩ですぴかぴか(新しい)


感想。
最近読んだ恋愛小説の中で、一番共感できました。
大学生活後半以降に私と知り合った人は分からないかもしれないけど、私はこの主人公にそっくりだ。

中高校生の頃、「私は絶対に主役にはなれないんだ」って思ってました。
そのくせプライドは高くて。
そして、イマジネーションの世界に生きている。

主人公の弟の彼女が、自分自身を分析して挙げた特徴10項目が、各章のタイトルになってるんですが、
あたし、該当率が8/10です。びっくり。っていうか納得。


私には私に合う恋愛や人生しかできない。
でも、そうじゃなくありたい時もある。
結局どっちが正しいのかは分からないけど。


主人公が、自分の住んでいる町を、行ったこともないリスボンに重ねているのもかわいかったな。
でも、その必要がなくなる瞬間があるってことも分かった。


夢と現実、
そんなありきたりな括りじゃ説明できない世界。
男の人が書いた恋愛小説は苦手だったけど、初めて共感できました。



はやく映画も見ようっと。
DVD発売中です。

posted by 30 at 22:58| Comment(2) | TrackBack(1) | 読書メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月09日

この世界に浸る

社会人になって、読書量が増えました。
中高生の頃並みまで復活してます。
昼休みに、一人でお店でゴハンを食べるせいです。
1人で1時間の休憩を取るために、本は絶対必要です。
飲みに行く回数も減ったため、寝る前も読むし。


今は伊坂幸太郎にメロメロです。
伊坂さんに出会ったのは去年です。
「陽気なギャングが地球を回す」の映画を観た、とブログに書いたら、しんじさんが、原作を薦めてくれました。
しんじさん、ありがとうございます!!!







かっこよすぎ、伊坂さん。
小説同士の繋がり、
伊坂ワールドがちゃんとあるのも、わくわくします。
そして、そんな伊坂ワールドは、確実に仙台にあるww



ところで、
「アヒルと鴨のコインロッカー」の強盗現場近くで、
あの作品の彼が落書きしてた、って、
どの描写で分かるんですか???
おしえてー!!!!





今から、オーデュボン、読みまーす本



posted by 30 at 00:39| Comment(8) | TrackBack(0) | 読書メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

おっっ?!

乙一結婚????!!!!




今日挙式?!





…まじ????
posted by 30 at 19:57| Comment(6) | TrackBack(1) | 読書メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

停電と、乙一バトン。

やっと!!!今朝、電気がつきましたーひらめき

電気が使えないと、お風呂も沸かせず、昨日は銭湯へ・・・
食器洗い機も動かせないし、ネットもできないし、ケータイの充電もできず(簡易充電器、買っとけばよかった・・・。実家は歩いてコンビニに行けないの)、
DSの充電が切れそうなことに焦ったり(アホ親子)、

電気って大切ね黒ハートありがたいね黒ハート黒ハート・・・とつくづく感じました。

さて、やってないバトンはいっぱいあるけど、
ミクシィの乙一コミュで自ら拾ってきたヤツからやっちゃうるんるん


乙一バトン

・乙一に出会ったきっかけをどうぞ

ともみさんのメルマガで紹介されてたので。
最近この名前よく聞くなあ〜と思って。
3年前くらいでしょうか。

・初めて読んだ乙一の本

『暗いところで待ち合わせ』
乙一に出会えてよかった!!と思った。

・「ZOO」の中で一番好きな話

読んでないです、あえて!!
全部読むのもったいないから、我慢してる。

・「平面いぬ。」の中で一番好きな話

「はじめ」かなぁ。

・「失はれる物語」の中で一番好きな話

読んでないです、あえて!!
全部読むのもったいないから、我慢してる。


・上記以外の中長編あるいは未収録の短編等で一番好きな話

「死にぞこないの青」はすごく好き。


・「手を握る泥棒の物語」「ZOO」などの映像化された乙一作品はご覧になりましたか?観た方は感想など

いまのところ、見る気なし。

・正直、これは自分には合わなかったな…という話

ありますよ、ぼちぼちいくつか。

・初めて乙一を読む人にお勧めしたい本

幻冬舎から出てる2冊。

・乙一への熱いパッションを叫んで下さい!

とびきり切ない話と、とびきりばかばかしいの、書いて!!!!!

・お疲れ様でした。最後に、乙一同志の方がいらっしゃれば回してあげて下さい。

もちろん、ともみさん!!
それから、きよちょー☆

お願いします。
posted by 30 at 13:45| Comment(4) | TrackBack(1) | 読書メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

中島たい子『そろそろくる』

ともみさんのメルマガで紹介されていた本を図書館で見つけたので読んでみました♪

テーマはPMS…月経前症候群。
女性が生理前に身体的不調・精神不安定になる…ってやつ。

いまのとこ、私はそういうのないんですけど。
生理中の方が機嫌悪くなったり、つい食べちゃったりするかも…。

でもでも、主人公が抱えてる不安とかイライラとか、ものすごーくよく分かって。
なんか、女っていうのは、そういうのと戦いながら、うまく付き合いながら、生きていかなきゃいけないんですよね。
主人公が語る“女論”に強く共感を覚えました。

PMS、30代で症状が表れることが多いらしいです。
これから来るかも??
こわいよー……

posted by 30 at 04:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。