2005年11月17日

Be my last

観てきました、『春の雪』。

三島作品に触れたことのない私が、竹内結子妻夫木聡行定勲(監督ね)!…という3押しで落ちました。これは観るっきゃないっしょ。
しかも劇団四季の新作も三島作品で、今こそ三島を!って何かの思し召しかもしれないし、これを機に、私も三島デビューしようじゃないか、と(大真面目)。

本当は原作読んでから観たかったんですけど、読んでる間に上映終わるんじゃ…って危惧もあり、予習として観るってコトで自分を説得しました(そういうの拘っちゃうのさ)。

さてさて。
三島由紀夫の何たるかを知らないまま、「理解できなかったらどうしよう」とビビりつつ見始めました。

結論から言えば、おもしろかったです。

時代も立場も、私とはまったく異なる人たちの話だけど、ちゃんと理解できました(レベル低い・笑)。心っていうか、精神の面で、現代に生きる庶民の私と重なる部分を見出だせました。
どちらかといえば、聡子(竹内結子)より清顕(妻夫木聡)の感情のほうが共感できたかも。いや、いくらなんでも私、あそこまでひねくれてないですけど。

激しく感情が走ろうとするとき、それが暗い方向へ向かってしまうことの苦しみ。そして自虐的な快感。
三島の偏愛(そーゆーのは知ってる)から生まれた描写なのか、妻夫木くんがうまいのか――。初心者の私にはわかりませんが、清顕の心の動きと共に、こっちも苦しさを味わっているかのようでした。

美しさと生々しさのバランスも絶妙でした。ラスト近く、雪が降り始めるシーンが秀逸。もうちょっとで泣くとこでした(笑)。あれで終わってくれてたらなぁ〜。もっと好きだったのに。

あとあと、及川のみっちー!!なんかもっと死の匂いが漂う役で出てほしかった。私が勝手に抱いてた「三島」のイメージとみっちーとが重なる部分はソコじゃないよー。私の勘違いかもしれませんが。う〜ん。

そして何より、竹内結子、キレイだよーう(o^o^o)なんなの、あの長い睫毛は!はかなげな空気感が素敵でした。

宇多田の曲がぴったりでした。すごい。

これが私にとって、三島文学への良い導入だったかどうか…今後作品を読んで判断します。読みます。

posted by 30 at 01:01| Comment(2) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うむむ・・・三島作品。私はいくつか読んだ気がするが・・・あんまり自分的には印象にない(笑)まぁ読んだのが中学生くらいだから、深いところまで読まないでさらっと読み流してしまったからだろうけど・・・。もう一度読んでみようかな・・・。
Posted by 紗雪 at 2005年11月17日 18:03
さっそく1冊借りてみたよ。四季がやるやつ。中学生で三島、かなりカシコイ感じがします(笑)。私の読書遍歴が幼稚なだけかしら…。頑張って読んでみます(*^_^*)
Posted by みお at 2005年11月17日 20:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9429123
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

邦画「春の雪」にタイの若手俳優が出演
Excerpt: 以前からこのブログに書いてきましたが、今週土曜日公開のこの映画に、タイの若手人気俳優が二人出演しています。ひと足お先に試写を見てきました。付き合いもあって、2回も。 春の雪公式サイト (ブログの..
Weblog: 白田麻子のアジアな毎日  Asia Entertainment Diary
Tracked: 2005-11-17 23:42

われわれの愛する国、日本
Excerpt: 幼い頃、家の柱に傷をつけて成長を測ったことがあると思います。 たった1センチでも身長が伸びていれば、必要以上に大喜びしたものです。 今、どこか自責の念に駆られる年代になってきて、「それと一緒に心の..
Weblog: Merge Voices
Tracked: 2005-11-29 01:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。