2007年10月21日

たいせつなひとたちのこと


社会人になって半年が経ちました。

私は営業職なので、当然だけど、
「売り上げ目標」という数字のプレッシャーがあります。
半年経って、クリアしなきゃいけない数字も大きくなります。
クリアすることが当たり前にもなります。

そのプレッシャーや、同期はできてるのに自分ができない、という情けなさや悔しさにも襲われます。

それぞれの人が、それぞれの場所で、
クリアすべき目標や任務に苦しんだり頑張ったりしているんだよなあ、って思う。

それでも、怖くて辛くて、
涙が止まらなくて、

泣きながら眠って、泣きながら目覚めたりしています。


そんなときに、
話を聞いてくれたり、
そばにいてくれたりする人がいてよかった。


あたしには、大切な人がたくさん、たくさんいて、
彼ら、彼女らに支えられて生きてるなあ、って、
いまさらだけどすごく幸せに思います。

消えちゃいたいくらいしんどいことがたくさんあるけど、
大切な人たちのおかげで、
ここにいよう、って思える。

大切な人があたしにはたくさんいすぎて、
こんなにシアワセでどうしよう、って思うくらい。


損得抜きで、あたしに接してくれる。
どこにいても、その人たちがいればきっと生きてゆけます。


そのことを忘れないでいよう。いつでも。
posted by 30 at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/61708733
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。