2007年07月12日

Tanz Walzer、その2

くるりのニューアルバムについては、既に書いたんですけど、
聞けば聞くほどいいし、
聞けば聞くほど泣けるので、
また書いてやります手(グー)

こないだ、
「クラシックぽいかと思ったらそうでもなくてよかった」
みたいな書き方をしてしまって、なんだか誤解を招いちゃった気もするんですが、
いやいや、クラシックでもあります。
でもポップです。
クラシックの中でも、リスナーの心に直接触る部分を、くるりのポップが巻き込んでしまった、と言いますか。

あー、書けば書くほど嘘くさくなるのでもう止めます。
とにかく聞け!!!
posted by 30 at 23:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
言いたいことわかるー。
クラシックであり、ロックであり、
ポップであり、プログレであり・・・だもんね。

新しいものをリリースするたびに
「今までにないカンジ!」って思わせてくれるから凄いっ☆
Posted by ともみ at 2007年07月13日 00:14
ともみさん

そうなんですそうなんです!
プログレ!ロック!!

くるりはコレもアリだったのか!!!
って毎回思います。だいすきです!
Posted by 30 at 2007年07月15日 14:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。