2007年05月17日

そして手は探る、あなたといた町


50分ほど遅刻しましたが、行ってきました、
安藤裕子。


安藤裕子になりたいって今まで思ってたけど、

今日は、

なんであたしは安藤裕子じゃないんだろう、って悔しく思いました。



安藤裕子は、そこにいて、うたをうたってるだけで意味がある。



安藤裕子が去った後のステージにさえ、
安藤裕子の歌の意味が残ってる。




知っている曲が1曲もなくたっていいから、
安藤裕子の歌を聴きに行ってください。









すごいよ。
ラベル:安藤裕子
posted by 30 at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。