2007年10月03日

手にしたぬくもりをそれぞれに抱きしめて

前述のくるり・京都オンパクの前日は、
Mr.Children
“HOME”TOUR 2007@広島ビッグアーチ
に、行ってまいりました。

くるりマニアの方なら、
「む?くるりの前日にミスチル・・・?」
と思っちゃうかもしれませんが(笑)、
そのへん、あたしはテキトーだし、
普通にミスチルとか好きなので許してくださーいいい気分(温泉)

天気予報も全然、全然、雨だなんて言ってなかったのに、
ビッグアーチ(サッカースタジアム)のある広域公園というところに入ったあたりから天気雨が・・・
そして、あれよあれよという間に土砂降り。。。
傘なんて持ってなくて、開演2時間前から全身ずぶぬれです。

寒さに震えながら迎えた開演、
寒さが吹き飛ぶことはなく、終盤は指がしびれてしまいましたが、
それでもミスチルはかっちょよかったです。
ほんとかっこよかったです。

桜井さんは、自分の中に起こるいろんな思いに真剣に向き合い、
いろんなものを愛おしく思いながら、
日々を生き、曲を書き、歌を歌っているんだな、と思いました。
そんで、笑顔がすてきでした。

ミスチルがブレイクしたとき、たしかあたしは小学校高学年で、
いろんな曲が、あたしの10代のBGMとして流れていました。

「イノセントワールド」はピアノで練習したし、
「Tomorrow never knows」は中学校の頃、部活の帰りに鼻歌でうたい続けてたし、
「シーソーゲーム」は擦り切れるほどにテープで(!)聞いていました。

20代前半は、恋の思い出と共にミスチルがあり、
「sign」が主題歌として流れていたドラマを、当時の彼氏と毎週真剣に見ていたこととか、
「HERO」の頃は片思いがしんどかったとか、

とにかく、意識してなかったけど、ミスチルはあたしの人生に根ざしてたんだなあ。
しみじみ。


そして、初めてのミスチルのライブで、
彼らがトップに立ち続ける理由が分かった気がしたのですが、
その理由は、ここにわざわざ書くのが恥ずかしいほど根本的で分かりやすいものだったので、



・・・書きません(笑)



やー、すごいバンドですな。ミスチル。
また行ってしまうでしょうな、ライブ。チケットがとれればね。。。
ラベル:Mr.Children
posted by 30 at 22:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。