2007年08月25日

さらにミュージックライフ

社会人になって、良かったこともたくさんあります。



それは、
金銭面ふくろ



いやいや、やらしい話ですけれどもね!



近くにレンタル屋さんがないっていうのもあるけど、
CDをレンタルしなくなりました。借りに行くぐらいなら買います。

ライブは、ちょっとでも行きたかったら、
日程の都合さえつけば行きます。
学生の時は、行きたいライブを厳選してたけど。

「とりあえず聴く。とりあえず見る」

・・・っていうのができるようになりました。
時間がなくて、遠征はなかなかできなくなったけど。



YUKIのベスト発売も怖くない!
民生&ユニコーンのトリビュート発売も怖くない!
posted by 30 at 11:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

いとしい毎日

あと2日。
毎日カウントダウンです。
今週もあと2日。

まだまだまだまだ、
仕事が楽しいとか、
仕事がつまらないとか、
言えるほど「仕事」してない。

毎日必死で、
毎日いっぱいいっぱいで、
さぼっては後悔して、
頑張っては落ち込んで、
「入門編」にさえ振り回されてる状態。

それでも、
100落ち込んだら1くらいは報われるのかもしれない。

先週末から、
もう辞めたい、もう無理、って、
今までの人生で思った分をぜんぶ足しても足りないくらい思ったけど(てか、先週夏休みだったのに!!終盤休んだ気しないし!!)、
夏休み前から、
あー、向いてないなー、
辞表ってどうやって書くのかなー、
って淡々と考え始めてたけど、

今日はちょっとだけいいことがあった。

先輩に同行お願いしてターゲット企業を訪問したら、
担当者があたしが頑張ってるってことを先輩にアピールしてくれた。
(オーダーはくれなかったけど)
1番気合入れて攻めてたターゲット企業から、ついにオーダー来た。


へこむことの分量に比べたら、
報われることなんてほんのちょっとだけど、
その「ほんのちょっと」を糧にしてがんばろう、って思えるうちは、
まだ諦められない。

どう考えても営業には向いてないけど、
今は全然、仕事が楽しいって思えないけど、

いつか楽しいって思えるときがくるかもしれない、って
そう信じる余地はまだある気がしています。

こんなあたしでも、
「仕事を始める」っていう、
他人の人生の1コマに関われているんだもの。

毎日カウントダウンしながら、
もうちょっと、もうちょっと、って、
自分を励ましたり誤魔化したりしながら、
頑張ってみようと思ってます。


泣いたり笑ったり
いとしい毎日



posted by 30 at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

壮大なクラシック・コント

・・・を見ているかのようなライブでした。

くるり
「ふれあいコンサート」

ワタクシ、仕事でちょうど1時間遅刻いたしました。
なのに、ロビーに入ったらお客さんが物販に並んでる!!
もしや岸田、キレたのか???
既にライブ終わったのか!!!???

その答えは、実際に行く方のために内緒にします。

ホールツアーなんてやだなー、って思ってたし、
今も思ってるけど、
これは、クラシック・コントなんだ!!!って分かりました。
ホールツアーって企画自体が、コントの演出だったのね。

そんで、そのコントの中でロックンロールを鳴らすことに意味があったのね。

くるりを聞くにあたっては、ホールの音響は好きじゃない。
でも、ホールをライブハウスにしてしまうから、ワンゲルはすごい曲なんだと分かった。

ハム食べたいがやばい。
ロックンロールという曲は本当にロックだと思ったし、
東京って曲はいつもゾクゾクさせてくれる。

ずっとずっと、くるりが好きです。

オーディエンスが付いて行けてないって思ったけど。
ばらの花の手拍子のダサさには閉口しちゃいましたよ。





9.23京都オンパク、楽しみです!!









たっしんがいないことをわすれるくらいくるりでした。
posted by 30 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月05日

世界はオレのもの

今まで、くるりのアルバムの中で、どれが一番好きかと問われたならば、
どんなにミーハーと言われようとも、

「ちーむろっく!!!!」

…と、熱く答えてきたのですが、




いや、今だってTEAMROCKは大好きなアルバムですが、

最近、今日の記事タイトルのアルバム収録曲が、
頭の中でヘビロテです。




「男の子と女の子」なんて、
聞くだけで、口ずさむだけで泣けてくる。




この曲は、ハナレグミバージョンもオススメです。
「帰ってから歌いたくなってもいいようにと思ったのだ」に収録されてます。




好きだという気持ちだけで
何も食べなくていいくらい
愛しい顔を見せてくれよ



今、GO BACK TO CHINAがかかってるんですけど、
この曲がくるりの代表曲としてふさわしいか否かで、
昔、付き合っていた彼氏と若干モメました。
あたしはこの曲が好きでたまりません。

このアルバムって、なんか、くるりのアルバムの中でも、独特の存在感というか、おかしな色を放ってますよね。
WORLD'S END SUPERNOVAという曲に引っ張られてるからかな。
ずっと前に、ちょっとグダグダ気味だったライブが、ワールズエンドスーパーノヴァによって劇的に回復した瞬間を見たことがあります。
この曲は特別な力を持っているんだと思います。


世界を変える力。まさにSUPERNOVA。
posted by 30 at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。